新ドラマTOP > 宿命 1969-2010

新ドラマ : 宿命 1969-2010

宿命 1969-2010

1月15日(金曜日)スタート

放送時間:夜9:00~9:54(テレビ朝日系)

原作:楡周平 / 脚本:坂上かつえ / 演出:内片輝、遠藤光貴 / プロデューサー:柴田聡、島川博篤、佐藤毅

出演:北村一輝、小池栄子、上原美佐、細田よしひこ、藤井美菜、松坂慶子、田中健、奥田瑛二、真野響子

-->

宿命 1969-2010 主題歌

■主題歌 - ポルノグラフィティ「瞳の奥をのぞかせて」(2010年2月10日発売)

宿命 1969-2010 あらすじ・ストーリー

宿命 1969-2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京は、政財界の裏側を舞台に、権力にとりつかれた男たちと女たちの欲望と姿を描いたドラマ。

楡周平さんが書いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(講談社)」を原作にドラマ化した。

主演の北村一輝は本作が連続ドラマ初主演。

キャッチコピーは、「そして、欲望の華が咲く」。

第1話 あらすじ ネタバレ

医療法人有川会の御曹司で財務省官僚の有川崇(北村一輝)は、母の三奈(真野響子)に政界進出を熱望されており、その機会をうかがっているところ。

そんなある日、政界でも力を持っている白井眞一郎(奥田瑛二)の長女・尚子(上原美佐)との縁談話がもちあがる。

崇は眞一郎の狙いは有川家の財力だと察するが、自分も財界進出のキッカケになるとして尚子との婚約を決める・・・。

第2話目~からのあらすじネタバレはブログで公開中!

ドラマ あらすじネタバレ

宿命 1969-2010 視聴率

ストーリー あらすじ 視聴率 放送日
第1話 -% 2009年1月15日

宿命 1969-2010の平均視聴率-%という結果になっています。

宿命 1969-2010 キャスト(出演者)

  • 有川崇 - 北村一輝
  • 財務省の官僚で、大病院の御曹司。頭脳明晰で超エリート。首相の座に上りつめる野望をもっている。出生に秘密が・・・。39歳。

  • 笹山宣子 - 小池栄子
  • 崇の元恋人で為替ディーラーをしている。自分を捨てた崇が、別の女性と婚約したことを聞き、復讐心を抱き始める。33歳。

  • 白井尚子 - 上原美佐
  • 白井家の長女で、弁護士の妻になるための教育を受けて育ってきた。白井家の発展が自らの使命だと考える野心家。29歳。

  • 有川透 - 細田よしひこ
  • 崇の弟で有川家の跡継ぎ。純粋な性格で、有能な兄のことを慕っているが、同時に遠い存在とも感じている。

  • 藤井美菜
  • 不自由なく育つ。はっきりと物事を言うタイプ。純粋な透のことをからかう。

  • 白井逸子 - 松坂慶子(特別出演)
  • 尚子の母で、男子を産めなかったことを心残りにおもっている。娘に帝王学を学ばせ、自分と同じ道を歩んでもらおうとおもっている。58歳。

  • 田中健
  • 崇の継父。崇が中学生のころ、三奈と再婚して婿養子になった。病院を継ごうとしない崇を気遣う。61歳。

  • 白井眞一郎 - 奥田瑛二
  • 民自党の政調会長。政権交代をもくろんでいるが資金繰りに困っている。有川家と縁続きになることを急務におもっている。61歳。

  • 有川三奈 - 真野響子
  • 崇の母。医療法人有川会理事長をつとめる。50以上の病院を経営しており、崇を権力の頂点に立たせることに励む。59歳。

スタッフ

原作

  • 楡周平「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」(講談社刊)

脚本

  • 坂上かつえ

演出

  • 内片輝、遠藤光貴

プロデューサー

  • 柴田聡、島川博篤、佐藤毅

おすすめ

-->