新ドラマTOP > 官僚たちの夏

官僚たちの夏

官僚たちの夏

7月5日(日曜日)スタート

放送時間:夜9:00~9:54(TBS系)

脚本:橋本裕志 / 演出:平野俊一、大岡進、松田礼人 / プロデューサー:伊佐野英樹、真木明

出演:佐藤浩市、堺雅人、高橋克実、佐野史郎、西村雅彦、杉本哲太、吹石一恵、田中圭、床嶋佳子、村川絵梨、高橋克典、船越英一郎、北大路欣也

-->

主題歌

■官僚たちの夏 主題歌 - コブクロ 「STAY

あらすじ・ストーリー

官僚たちの夏は、昭和30年代の通商産業省を舞台にした、千五の日本を高度経済成長期へと導いた優秀な官僚たちの奮闘ぶりを描いたドラマ。

官僚たちの夏 第1話 あらすじ ネタバレ

舞台は昭和30年、通産省の官僚である風越信吾(佐藤浩市)は、流通システムの整備が日本の今後の産業基盤になると予想し、日本国産車の全国的な普及をめざした。

風越の熱意で業者たちは新型車の開発に意欲的になるが、その当時は日本の繊維製品がアメリカの繊維業よりも抜きんでていたため、民自党幹事長の池内信人(北大路欣也)は、風越のかんがえた国民車構想が新たな日米間の問題になるのではないかと懸念していた。

そんなとき、ついに業者が新型車の開発に成功する。
しかし、アメリカのディーラー達は小型な日本車を見ておもちゃだと見下すのだが・・・。

第2話目~からのあらすじネタバレはブログで公開中!

⇒ ドラマ 官僚たちの夏の第2話~あらすじ ネタバレ

官僚たちの夏 視聴率

ストーリー あらすじ 視聴率 放送日
第1話 昭和三十年の夢 14.5% 2009年7月5日
第2話 テレビの時代 9.1% 2009年7月12日
第3話 大臣との対立 10.6% 2009年7月19日
第4話 -% 2009年7月26日

官僚たちの夏の平均視聴率-%という結果になっています。

キャスト(出演者)

  • 風越信吾(佐橋滋がモデル):佐藤浩市
  • 通産官僚で通称ミスター通産省とよばれる。強いリーダーシップを持っており日本の産業発展に尽力をつくす。有力者に屈伏しない強い信念をもっているため

  • 庭野貴久(三宅幸夫がモデル):堺雅人
  • 強い信念と並はずれた粘り強さをもった通産官僚。風越から将来の通産行政の担い手としてきたされている。業者たちへの情に厚い国内産業派。

  • 片山泰介(山下英明がモデル):高橋克典
  • 庭野の同期。2度も飛び級をした秀才で、欧米のライフスタイルを理想としており、提示で仕事を終えて帰る。

  • 玉木博文(今井善衛がモデル):船越英一郎
  • 風越の同期の通商官僚。将来の次官候補として比較される風越にはライバル心を燃やす。貿易自由化を支持しており、通商はとして風越とは対立する。

  • 池内信人(池田勇人がモデル):北大路欣也
  • 大蔵省出身の大物政治家。大蔵大臣や通称大臣を歴任してきた。対米関係重視の通商派で、国内産業派の風越とは対立する。

  • 鮎川光太郎(川原英之がモデル):高橋克実
  • 中小企業に対するケアに誠実に取り組む国内産業派。おおらかな性格で、周囲との衝突をくりかえす風越のサポートをする。英会話が苦手な一面も。

  • 西丸賢治:佐野史郎
  • 東京経済新聞の記者。物おじしない姿勢が持ち味で、どこまでも取材に突っ走る。風越の家を訪れるほどの仲の良さで、ときどき省外の情報を風越に伝えている。

  • 丸尾要(松尾金蔵がモデル):西村雅彦
  • 風邪腰の上司で理解者でもある。風越とおなじく次官コースを歩んできた。怒りっぽい性格だが、突っ走りがちな風越を止めることもしばしば。

  • 牧順三(両角良彦がモデル):杉本哲太
  • すぐれた経済理論をもっているが、体を壊してしまい出世コースをはずれてしまう。国内産業を守る法整備を学ぶためにパリへの留学を希望している。

  • 山本真(坂本春生がモデル):吹石一恵
  • 人事改革を推進する風越の判断により、通産省初の女性キャリア官僚として採用された。勉強熱心で語学を得意とする。

  • 御影大樹:田中圭
  • 人事を扱う官房秘書課に所属している通称官僚。次官コースを歩みながらも敵の多い風越のことを心配している。のちに、風越や庭野を補佐することになる。

  • 風越道子:床嶋佳子
  • 風越の妻。深い愛情で家族を支えている。家にやってくる夫の同僚をしっかりもてなす。電化製品が手に入る時代へ突入することを楽しみにしている。

  • 風越貴子:村川絵梨
  • 風越の娘。仕事ばかりしている父親を心配する。おっとしている母の美智子を支えるしっかり者。テレビが家に来る日を待ち望んでいる。

スタッフ

脚本

  • 橋本裕志

プロデューサー

  • 伊佐野英樹、真木明

演出

  • 平野俊一、大岡進、松田礼人

おすすめ

-->