新ドラマTOP > 1ポンドの福音

1ポンドの福音

1ポンドの福音

1月12日(土曜日)スタート

放送時間:夜9:00~10:00(日本テレビ)

原作:高橋留美子 / プロデューサー:河野英裕 / 脚本:福田雄一

出演:亀梨和也、黒木メイサ

-->

1ポンドの福音 主題歌

KAT-TUN「LIPS」

1ポンドの福音 あらすじ・ストーリー

1ポンドの福音 第1話 あらすじ ネタバレ

1ポンドの福音は、人気漫画家・高橋留美子のコミックからドラマ化が決まった作品です。減量が苦手なボクサーが、一目ぼれしたシスターの愛を勝ち取るため戦っていく姿を描いています。

プロボクサーの畑中耕作(亀梨和也)は、減量による調整不足により敗戦がつづいていた。

そんなときに、次の試合の対戦相手がこれまでにない強敵だと知り闘志をメラメラと燃やしていたのだが、それもつかの間、またもや無理な減量をしてしまいロードワーク中に倒れてしまう。

そこに通りかかったシスターのアンジェラ(黒木メイサ)に助けられ一目ぼれをした工作は彼女のために勝つことを決意。数日後、修道院に併設された児童養護施設の子供を助けた耕作は、アンジェラから御礼の食事に誘われてしまう。

減量中だったが断りきれなかった耕作は、試合前の計量で体重オーバーに…。

1ポンドの福音 最終回 あらすじ ネタバレ

100万円を賭けたタイトル戦に挑戦した耕作(亀梨和也)は、シスターアンジェラ(黒木メイサ)のために戦って勝つとあらためて誓う。しかし、アンジェラは突然、ほかの修道院に移ったことがわかり、耕作は行き先も告げることはできないとミリー(江口のりこ)に言われてしまう。

そんなとき、アンジェラは耕作への想いを捨てられず、バス停で出発を戸惑っていた。そこへジムをやめた上田(岡田義徳)が通りかかりシスターを発見。上田はひきとめて耕作と合わせようとするが、すれ違いになってしまう…。

1ポンドの福音の視聴率

ストーリー あらすじ 視聴率 放送日
第1話 「好きだ!シスター!」 13.0% 2008年1月12日
第2話 VS弱虫男! 勝ってデートだ大食いだ! 11.4% 2008年1月19日
第3話 母の仕事って? ウルトラマンになる方法 11.1% 2008年1月26日
第4話 恋敵は天才シェフ! 世界一のラブレター 9.0% 2008年2月2日
第5話 苦しいときは、過去ではなく未来を思え 9.6% 2008年2月9日
第6話 強くなれ! イジメられっこと女ボクサー 10.5% 2008年2月16日
第7話 悪徳ホストに大借金愛と金をかけた戦い 10.7% 2008年2月23日
第8話 さよならシスター!! 根性ナシ涙のパンチ 8.8% 2008年3月1日
最終話 結婚!?への道大作戦愛と焼き芋で旅立ち 11.3% 2008年3月8日

1ポンドの福音の平均視聴率10.6%という結果になっています。

1ポンドの福音のキャスト(出演者)

  • 畑中耕作 - 亀梨和也
  • ボクシングセンスとツキはかなりのものを持ち合わせているが、いつも減量調整で失敗して負けてしまう。根性無しで試合にも欲望にもいつも負けている21歳。

  • シスター アンジェラ - 黒木メイサ
  • 世間知らずな天然タイプの見習いシスター。少し思い込みが激しいところも難点。現在20歳。

  • シスター修道院長 - もたいまさこ
  • アンジェラの親代わり。毅然とした態度ぢでいつもいるが意外とお茶目な部分も持っている。55歳。

  • 向田聖子 - 小林聡美
  • 弱小ボクシングジムのジム会長。ジリ貧ジムでも世界チャンピオンを輩出することを夢見ている。42歳

  • 向田勝己 - 山田涼介
  • 聖子が切り盛りしている弱小ボクシングジムの1人息子。まったくボクシングには興味がない。現在14歳。

  • 三鷹秀夫 - 光石研
  • ジムトレーナーで耕作を体制させるべく、いつも必死にボクシングを教えている。45歳。

  • 上田 - 岡田義徳
  • 理論派なベテランボクサー。知識は豊富。30歳。

  • 石坂 - 高橋一生
  • 弱小ボクシングジムのプロボクサー。生真面目だが運がない。24歳。

  • 堀口 - 石黒英雄
  • 耕作の後輩。プロボクサーにもかかわらず気が小さい。21歳。

  • 猪木鉄男 - 古田新太
  • 律子の親友でゲイ。おしゃれ上手で料理のほうも超一流。35歳。

スタッフ

脚本

  • 福田雄一

原案協力

  • 都築伸一郎、三上信一、横山真義

技術協力

  • NiTRo、日テレアート

プロデューサー

  • 河野英裕

協力プロデューサー

  • 小泉守

演出

  • 佐藤東弥

制作プロダクション

  • トータルメディアコミュニケーション

製作著作

  • 日テレ

おすすめ

-->